英語が身に付く職場へ転職【貿易事務の求人がオススメ】

英語が身に付く職場へ転職【貿易事務の求人がオススメ】

面接

仕事内容を紹介

最近、貿易事務の求人情報が増えてきています。その理由は、海外との貿易を行なう個人会社が増えていることにあるんです。そんな貿易事務の仕事は、輸出入に関する事務作業を行ないます。そのため、取り引き先とコミュニケーションをとることも多々ありますよ。そのため、英会話ができる人を採用する傾向にあります。

履歴書

派遣を利用しよう

効率的に貿易事務の仕事を探したいなら、派遣登録会社を利用しましょう。企業によって、事務職やアパレルショップなどの接客業など多く取り扱っている職種が異なります。いくつかの派遣会社に登録して求人情報を探すことで、条件に合った職場がすぐに見つかりますよ。

男女

職場探しのポイント

仕事探しをする上で大切なのが、仕事内容のチェックです。会社によっては輸出入に関する業務を専門的に行なう場合があります。そういった会社なら通関士の資格を持っていると有利になります。また、会社によっては取り引き先とのメールの際の文言が決まっている場合もあるんです。そういったところなら、英語があまりできなくても問題ありません。

男女

スキルを身に付けよう

貿易事務の仕事では、取り引き先との連絡のほかに事務処理能力など沢山のスキルが必要です。そのため、事務処理やビジネススキルの高さによっては、英語ができなくても採用されることもありますよ。ですが、履歴書を送る前にちょっとずつ英語を勉強していくと良いですよ。

貿易職への採用が有利になる資格

  • 通関士
  • 貿易実務検定
  • ビジネス英語検定
  • TOEIC600点以上

広告募集中